人を結び、時を結び、地域を結ぶ
観光資源の活用がもたらす雇用と産業の創出

0779-64-5150
受付時間:平日8:30~17:00

お問い合わせフォーム

越前おおの雇用創造推進委員会

越前おおの雇用創造推進委員会

MENU

活動報告

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第10回会議

2016年11月15日(火)

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第10回会議

11月8日(火)、越前おおのを代表するお土産品を開発するプロジェクトの第10回会議を開催しました。

当日は、一般社団法人日本能率協会特別講師 金子和夫氏と六感デザイン グラフィックデザイナー 野路靖人氏をお招きし、「試作品を磨く」「消費者の反応を探る」「営業計画を考える」という3つのテーマに取り組みました。
また、今回は平成大野屋の支配人である大久保雅章氏もお招きし貴重なご意見をいただきました。

img_0533 img_0534
アドバイザー 金子和夫氏         デザイナー 野路靖人氏

まず最初に金子さん、野路さんのあいさつから始まり、続いて「試作品を磨く」テーマ移りました。

img_0552 img_0553

img_0561 img_0563
試作品を磨く風景

次に「消費者の反応を探る」テーマに移り、三大朝市物産まつりに合わせて実施した試供・アンケートの結果について事務局から説明がありました。

img_0531
事務局:小林実践支援員の説明風景

3つ目のテーマとして「営業計画を考える」に移り、金子さんから説明がありました。
今回は、主に流通チャネルと価格設定について、様々なケースを想定して検討を行いました。

img_0532
アドバイザー:金子さんの説明風景

最後に、事務局から、
①全体のブランド開発
②「産業と食彩フェア」での試供・アンケートと試験販売の実施
について説明があり、金子さんのまとめで「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第10回会議は終了しました。

参加された事業所さんの協力もあり、結の故郷のお土産品が完成しつつあります。
完成がゴールではなく、世間で売れる商品にする事がゴールなので、気を抜かず今後も努めていきたいと思います。

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第9回会議

2016年11月8日(火)

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第9回会議

10月14日(金)、越前おおのを代表するお土産品を開発するプロジェクトの第9回会議を開催しました。

当日は、六感デザイン グラフィックデザイナー 野路靖人氏をお招きし、「消費者の反応を見る」「パッケージデザインについて考える」「試作品を吟味する」という3つのテーマに取り組みました。

img_0453
デザイナー 野路靖人氏

まず最初に野路さんのごあいさつから始まりました。続いて、「消費者の反応を探る」とのテーマで、福福館において実施した試食・アンケートについて小林実践支援員から説明がありました。今回は下記の4品について試食・アンケートを行っています。

次に「パッケージデザインについて考える」テーマに移り、野路さんからパッケージデザインについて説明がありました。

img_0520 img_0522
パッケージデザインについて考える風景

各商品毎に開発者、野路さん、事務局で個々に行ってきた検討について、メンバー全員で共有することができました。

最後の「試作品を吟味する」テーマに移りました。

img_0526 img_0523
試作品を吟味する風景

これからも多くの知識や経験を積んでこられた金子さんとデザインの専門家である野路さんのお二人がサポートしてくださいます。
今までの勉強会で得た理解に基づき、事業としての成功を目指し、想定するお客様に向けて、商品内容の更なる改善とともに、次回会議は、「消費者の反応を探る」「営業計画を考える」「試作品を磨く」をテーマに開発にも取り組んでいきたいと思います。

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第8回会議

2016年9月20日(火)

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第8回会議

9月13日(火)、越前おおのを代表するお土産品を開発するプロジェクトの第8回会議を開催しました。

当日は、一般社団法人日本能率協会特別講師 金子和夫氏と六感デザイン グラフィックデザイナー 野路靖人氏をお招きし、「ネーミング、キャッチフレーズ、パッケージを考える」「試作品を吟味する」という2つのテーマに取り組みました。

img_0449  img_0453
講師 金子和夫氏             デザイナー 野路靖人氏

まず最初に金子さんのごあいさつから始まり、続いて今回からご参加くださる野路さんによる自己紹介、これまでの実績、自身の仕事の進め方についてプレゼンテーションを行いました。
今回は上記の2つのテーマを試作品毎にまとめて、以下のようなステップで行いました。
①前回の指摘・今回の改善点等の説明
②試食・アドバイス
③課題「パッケージを考える」の発表
④課題についての質疑
⑤まとめ

img_0461 img_0475
試作品を吟味風景

メンバーの皆様は、各自が、前回の指摘を意識して試作品を改善するとともに、パッケージのデザインイメージまでしっかり考えていらっしゃいました。

img_0469
意見交換する アドバイザー2人

次回会議からは多くの知識や経験を積んでこられた金子さんとデザインの専門家である野路さんのお二人がサポートしてくださいます。
今までの勉強会で得た理解に基づき、事業としての成功を目指し、想定するお客様に向けて、商品内容の更なる改善とともに、「商品パッケージ」「価格」「流通」「プロモーション」の検討や「ブランド」などの開発にも取り組んでいきたいと思います。