人を結び、時を結び、地域を結ぶ
観光資源の活用がもたらす雇用と産業の創出

0779-64-5150
受付時間:平日8:30~17:00

お問い合わせフォーム

越前おおの雇用創造推進委員会

越前おおの雇用創造推進委員会

MENU

活動報告

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第11回会議

2016年12月14日(水)

 

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第11回会議

12月13日(火)、越前おおのを代表するお土産品を開発するプロジェクトの第11回会議を開催しました。

当日は、一般社団法人日本能率協会特別講師 金子和夫氏と六感デザイン グラフィックデザイナー 野路靖人氏をお招きし、「消費者の反応を探る」「ブランドを創る」「ネーミング、キャッチフレーズ、パッケージを創る」「販売促進、情報発信を考える」という4つのテーマに取り組みました。
また、今回も平成大野屋の支配人である大久保雅章氏をお招きし、プロジェクトのブランド、商品、販売促進・情報発信等について、一緒に考えていただきました。

 
アドバイザー 金子和夫氏         デザイナー 野路靖人氏

まず最初に小林実践支援員から、「消費者の反応を探る」テーマで産業と食彩フェアで実施した試供・アンケート結果の報告から始まりました。
アンケートは、味・分量・見た目・独自性・価格・お薦め
の6項目について5段階評価で行い、この結果から、各土産品のストロングポイントやウィークポイントが知ることができ、消費者の反応を探ることができました。

 
アンケート結果報告風景

次に「ブランドを創る」、「ネーミング、キャッチフレーズ、パッケージを創る」テーマに移り、野路さんから説明がありました。
5つの商品パッケージが完成し、各々のデザインの意図や思いを説明されパッケージの重要性を再確認しました。

 

 
デザイナー:野路さんの説明風景

4つ目のテーマとして「販売促進、情報発信を考える」に移り、金子さんから資料をもとに他の地域の成功事例について説明がありました。
特に流通バイヤーを招いて商談会を開催するなど具体的な事例を交えての説明は参加事業所さんも真剣にメモを取られていました。

 
アドバイザー:金子さんの説明風景

最後に、今年度に開発した商品をお披露目する「成果物公開セミナー」について、
事務局案を基に、参加事業所さんとスケジュールの調整の上、開催日時を決定しました。
また、次回以降の会議について、金子さんのご提案に基づき、平成29年度の開発コンセプトについて議論を始めていくこととしました。
以上で今回の第11回会議は終了しました。

今回は珍しく予定時間より早めの終了となりましたが、その後も場所を変え、希望者で金子さんを囲みお食事をしつつ、プロジェクトの課題や今後の展開・可能性などについて語り合いました。

今後も、より売れる商品にするために努めていきますのでご協力よろしくお願いいたします。

 

ウェブデザイナー育成セミナー

2016年11月30日(水)

ウェブデザイナー育成セミナー

dsc_0294
人材育成メニュー(求職者向け)「ウェブデザイナー育成セミナー」受講風景

9月5日(月)~11月30(水)の期間に計39回のウェブデザイナー育成セミナーを開催しました。市内の求職者、転職希望者、創業希望者の方を対象として定員10名で応募を行い受講者が決定「ウェブデザイナーに必要なスキルを身に付ける」等をテーマにウェブデザイナーのノウハウを学びました。

このセミナーは、デジタルハリウッド(株)の協力のもと開催したセミナーで、デジタルハリウッド(株)は、Webデザイン、プログラミング、映像など専門性の高い技術を提供しており、多数のクリエイターを育成・輩出しています。今回は、そのデジタルハリウッド(株)の講師で未経験者から就業を目指す生徒に大変分かりやすく指導するとの定評がある小菅 達矢氏を講師に招き、基礎から応用へとじっくり学び、起業・就職時に自信を持って取り組める人材を育成しました。

img_0584

講師 小菅 達矢氏

 

【9月受講風景】
dsc_0292 dsc_0327

セミナーを進めるなかで、講師の小菅氏を軸に10名の受講者と雇用協議会で構成するコミュニティを設立、facebookに受講者専用ページを作成、普段から情報共有や質疑応答ができる体制を整えました。また、インターネットで動画教材をダウンロードして学ぶeラーニングにおいては、前職でイラストレーターとフォトショップを活用していた受講者が、他の受講者をサポートするなど、この1カ月間で受講者コミュニティに結束力が生まれました。

イラストレーターからフォトショップへと操作レベルが上がり、10月からのHTMLやCSSなどのHP作成に係る内容は更に難易度が高くなると判断されるため、受講者の進捗をこまめに確認するとともに、今後の運営についても講師と事務局を交えて検討していく必要性を感じました。

【10月受講風景】
dsc_0323 dsc_0324

dsc_0326 dsc_0329

受講者全員がHTML及びCSSのプログラミングに初めて取り組むということもあり、皆さん苦戦しているようでしたが、小菅氏がライブ授業やFBを通じて個別指導を展開、参考となる資料を選定して提示するなど全力でサポートしました。
逆に学びの難易度が上がったことで受講者間のコミュニケーションがさらに活発となり、次のステップに進んだ人が少し遅れている人を指導するなど、コミュニティとしての一体感が強まったように感じました。

大野市のファンになりました!と公言する小菅氏は、来訪する度にお蕎麦やご当地グルメの醤油カツ丼を食べ歩き、大野市の魅力発信の手法など様々な角度からのIT活用術を説明しました。

【11月受講風景】
img_0587 img_0590

img_0589 img_0588

11月に入ってからFBを通じて講師への質問及び回答も増え、受講者同士でも解決していく信頼関係も構築されたこともあり、セミナー最終日に何とか課題完成に辿り着きました。
3か月間で小菅氏と受講者との絆も強まり、アンケートでは講師への感謝の気持ちとウェブデザイナーとしての起業や就職に向けて大きな自信に繋がったとの大変好評な感想が多数寄せられました。また、セミナー閉講後には受講者全員で小菅氏をお見送りするなど、感動的なシーンもありました。

総括として、運営側として「eラーニング」という新たなセミナーの形態をいち早く取り入れて検証できたこと、受講者においては起業に向けて新たな仲間や繋がりができたことに加え、身に付けたウェブデザインのスキルを活かせる職場への就職が早々に決まった受講者もおり、双方ともに大変有意義なセミナーでした。

求人・求職マッチングフェア 合同就職面接会

2016年11月15日(火)

求人・求職マッチングフェア 合同就職面接会

11月9日(水)、人材を探している事業所と求職者を結びつける企画「求人・求職マッチングフェア 合同就職面接会」を開催しました。

当日は、24社の事業所と60名の求職者及び転職希望者が参加されました。「気楽にお話しができる」というテーマで、スーツ・ネクタイ・ジャケット不要を参加者全員にお願いし、企画に取り組みました。

img_0566 img_0567

img_0570 img_0578

img_0574 img_0577
会場風景

13時30分から開場!!

img_0580

リラックスした雰囲気の中で、スタートしました。
会場では、珈琲ブースと本協議会が開発中のお菓子を提供、できるだけ緊張しない雰囲気作りに励みました。

アンケートの結果から、参加された多くの方に満足していただけたようで、事務局側としてもほっとしています。

来年度も開催する予定です。今回の反省点を活かし、来年度も参加された方に満足していただけるよう努力します。