人を結び、時を結び、地域を結ぶ
観光資源の活用がもたらす雇用と産業の創出

0779-64-5150
受付時間:平日8:30~17:00

お問い合わせフォーム

越前おおの雇用創造推進委員会

越前おおの雇用創造推進委員会

MENU

活動報告

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第4回会議

2016年5月16日(月)

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクト第4回会議

5月12日、越前おおのを代表する新しいお土産品を開発するプロジェクトの第4回会議を開催しました。

当日は、アドバイザーの金子和夫氏(一般社団法人日本能率協会特別講師)を招いて、大野市内の事業者・農業者の方々13名が、「作りたいお土産品」の発表及び意見交換を行いました。

IMG_0164   IMG_0168
アドバイザー 金子和夫氏        第4回会議タイムスケジュール

金子氏からのご挨拶と説明の後、参加者13名の方に、発表用模造紙資料の作成をしてもらいました。項目は、9項目に分かれており、テーマ、目的、どこで、いつごろ、何をする(具体的な活動)、私の思い(動機)、こんな仲間がほしい、セールスポイント、キーワードについて記入してもらいました。

 

IMG_0173   IMG_0177
発表用模造紙資料の作成 風景

参加者全員の模造紙資料が完成し、次に各自の提案発表にうつりました。
発表では、1人3分間の持ち時間で、考えているお土産品や自分の思いなどを説明し、金子氏や他の事業者・農業者の方と意見交換を行いました。

 

IMG_0182
提案の発表 風景

今後は、メンバーの考えや思いに基づいて、単独で開発していくのか、複数でチームを作り開発していくのかを決めていくことになります。

最後に、金子氏から今回のまとめと次回プロジェクト会議の内容説明があり、終了しました。参加者1人1人の作りたい土産品や方向性が分かる会議となりました。

大野市に新たな土産品ができあがり、市外、県外から多くの観光客が訪れる様子が目に浮かびました。大野市の活性化に向けて、また一歩前進しました。

次へ : 
前へ :