人を結び、時を結び、地域を結ぶ
観光資源の活用がもたらす雇用と産業の創出

0779-64-5150
受付時間:平日8:30~17:00

お問い合わせフォーム

越前おおの雇用創造推進委員会

越前おおの雇用創造推進委員会

MENU

活動報告

FOODEX(フーデックス)美食女子が大野土産を試食!

2016年3月30日(水)

3月24日、食に精通した「FOODEX美食女子」が売れ筋を選ぶ、食の一大イベント「FOODEX美食女子グランプリ」で審査員を務める永末まゆさんと大井智保子さんを招いて、市内土産品の試食調査を行いました。

「結の故郷のお土産品」開発プロジェクトの参加事業者から提供のあった17品を試食してもらい、味や食べやすさ、パッケージ、コストパフォーマンスなど7項目にわたる評価シートを作成した後、それぞれの土産品の良い点や改善点について意見や提案をいただきました。

2人からは「土産品開発はコンセプトが大切。どんな人がだれに買っていくのか、どんな場面で何人で食べるのかなど、できるだけ具体的にイメージしてほしい」「デパートや有名店の人気商品には、消費者への繊細な気配りが詰まっている。そのような商品に数多く触れることが、商品の質を向上させる近道になる」「原材料を見て商品を選ぶ消費者が増えている。健康によい天然素材や少し高級感のある材料にこだわってほしい」などの意見が出されました。

実際の店舗にも足を運んでもらい、観光客が入りたくなるお店の雰囲気づくりや商品をより魅力的に見せるためのレイアウトなどについてアドバイスをいただきました。

今回いただいた意見や評価結果を参考に、開発プロジェクトの中でしっかりとコンセプトを固めて商品開発を進めていきます。

 

IMG_0135

左 永末まゆさん           右 大井智保子さん

目のやり場に困るほどの2人、

いざ調査が始まると・・・

IMG_0137

圧巻でした。
今までとは、雰囲気も顔つきも変わり、1品ずつ集中して味やパッケージを確認していました。

時には厳しいコメントもありましたが・・・

永末まゆさんと大井智保子さんには感謝です。

今後、改善した土産品をお二人にもう一度、食してもらいたいです。

次へ : 
前へ :